2019年12月13日 に更新

業務で不明だった用語

アジリティとは? 辞書 類語・対義語辞典 英和・和英辞典 日中中日辞典 日韓韓日辞典 古語辞典 その他の辞書▼ 手話辞典 インドネシア語辞典 タイ語辞典 ベトナム語辞典 Weblio 辞書 ヘルプ 563の専門辞書や国語辞典百科事典から一度に検索! 無料の翻訳ならWeblio翻訳!   初めての方へ 参加元一覧 Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 競技 > アニマルスポーツ > アジリティの意味・解説  三省堂 大辞林 第三版 索引トップ用語の索引ランキング凡例 アジリティー [2] 【agility】 機敏さ。軽快さ。敏捷(びんしよう)さ。 >>『三省堂 大辞林 第三版』の表記・記号についての解説を見る 人事労務用語辞典 索引トップ用語の索引ランキング アジリティ 「アジリティ」(Agility)とは、もともと機敏さ、素早さ、敏しょう性といった意味ですが、ビジネス用語としては、目まぐるしい環境変化に即応するために欠かせない、経営や組織運営のあり方における機敏性を表します。意思決定のスピードや効率、チーム編成や役割分担のフレキシビリティなどを含めた概念で、不確実性が高く、不透明な時代を、組織と個人が生き抜くためのキーワードとして注目を集めています。 IT用語辞典バイナリ 索引トップ用語の索引ランキング画像一覧カテゴリー アジリティ 【英】agility アジリティとは、もともと「敏捷」や「機敏」という意味であるが、IT用語としては、企業の経営方針の変更や時代のニーズの変化などに機敏に対応できる柔軟な情報システム、または、効率的な開発方法などを表す表現である。 かつては特定のベンダー製品のみで構築される汎用系の情報システムが主流であった。汎用系システムは金融系や大規模な基幹系などトラブルの許されないシステムに採用されている場合が多いが、開発や改修に時間がかかる上、他ベンダーの製品と連携にも手間がかかってしまう。この点オープン系システムはシステムの仕様変更による改修や他ベンダーの製品との連携も容易で迅速に対応でき、アジリティの高いシステムであるといえる。 システム開発のほかの用語一覧ソフトウェアテスト:  テストベッド  統合テスト設計思想:  アーキテクチャ  アジリティ  ヒューマンセントリック  外部設計  入退室管理>>設計思想カテゴリの他の用語 ウィキペディア 索引トップ用語の索引ランキングカテゴリー アジリティ 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/05 04:43 UTC 版) (犬関連の世界で)アジリティ(英: dog agility)とは、犬の障害物競走である。 脚注 ^ [1] ^ 大庭俊幸は1995年、イタリアで行われたFCI (Federation of Cynologic Internationale) 主催のヨーロッパ選手権において、愛犬と参加したが、これはあくまでエキシビジョンとしての参加であった。しかし大庭のヨーロッパ大会への出場は、日本をはじめとする非ヨーロッパ諸国における世界大会参加への先駆けとなった。翌1996年のFCI主催アジリティ世界大会では、大庭は愛犬の Barbala of Water Vally Misty(ラブラドール・レトリバー)と参加したが、大庭のスラロームに魅了された者は多く、今なお非ヨーロッパ諸国におけるトップアスリートとして大庭の名前を挙げる者は少なくない。大庭はアメリカのUSDAAにおけるジャッジ資格を有しており、事実上日本で初めての国際的ジャッジ資格取得者と言える。 [続きの解説]「アジリティ」の続きの解説一覧1 アジリティとは2 アジリティの概要3 ルール 固有名詞の分類 アニマルスポーツ  騎射三物  エレファントポロ  アジリティ  ラビット・アジリティ  競駝>>固有名詞    >>方式・規則一覧    >>主義・方式一覧    >>競技一覧 >> 「アジリティ」を解説文に含む用語の一覧 >> 「アジリティ」を含む用語の索引 アジリティのページへのリンク 辞書ショートカット1 三省堂 大辞林 第三版2 人事労務用語辞典3 IT用語辞典バイナリ4 ウィキペディア カテゴリ一覧 全て + ビジネス + 業界用語 + コンピュータ + 電車 + 自動車・バイク + 船 + 工学 + 建築・不動産 + 学問 + 文化 + 生活 + ヘルスケア + 趣味 + スポーツ + 生物 + 食品 + 人名 + 方言 + 辞書・百科事典 すべての辞書の索引 あいうえお かきくけこ さしすせそ たちつてと なにぬねの はひふへほ まみむめも やゆよ らりるれろ わをん がぎぐげご ざじずぜぞ だぢづでど ばびぶべぼ ぱぴぷぺぽ ABCDE FGHIJ KLMNO PQRST UVWXY Z 12345 67890 記号 Weblioのサービス英会話コラムWeblio英会話英語の質問箱英語の勉強コラム語彙力診断スピーキングテスト 「アジリティ」の関連用語 1 ラビット・アジリティ 百科事典 74% ||||| 2 ドッグスポーツ 百科事典 30% ||||| 3 AGI 百科事典 18% ||||| 4 アジャイル 百科事典 18% ||||| 5 アニマルスポーツ 百科事典 18% ||||| 6 SYM・シンプリー 百科事典 14% ||||| 7 特定非営利活動法人日本SAQ協会 全国NPO法人 10% ||||| 8 いぬばか 百科事典 10% ||||| 9 ボディアタック 百科事典 10% ||||| 10 村田大 百科事典 8% ||||| アジリティのお隣キーワード アジョワン アジョ・モータースポーツ アジリアーノ・ヴェルチェッレーゼ アジリアーノ・ヴェーネト アジリサウルス アジリジン アジリティ アジリン アジルサルタン アジルテナガザル アジルネットワークス アジル・ラボ アジレント・テクノロジー 検索ランキング アジリティのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。    Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved. 株式会社 三省堂、三省堂 Web Dictionary Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリのアジリティの記事を利用しております。 All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.この記事は、ウィキペディアのアジリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。 ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典 ご利用にあたって ・Weblio辞書とは ・検索の仕方 ・ヘルプ ・利用規約 ・プライバシーポリシー ・サイトマップ 便利な機能 ・ウェブリオのアプリ ・画像から探す お問合せ・ご要望 ・お問い合わせ 会社概要 ・公式企業ページ ・会社情報 ・ウェブリオへの転職やインターン・新卒入社 ウェブリオのサービス ・Weblio 辞書 ・類語・対義語辞典 ・英和辞典・和英辞典 ・Weblio翻訳 ・スマート翻訳 ・日中中日辞典 ・日韓韓日辞典 ・フランス語辞典 ・インドネシア語辞典 ・タイ語辞典 ・ベトナム語辞典 ・古語辞典 ・手話辞典 ・IT用語辞典バイナリ ・海外通 ・シルキー ©2019 Weblio RSS     
JavaScriptが無効になっています。JavaScriptを有効にしてご利用いただくことで、より快適にご利用いただけます。 メインコンテンツへジャンプする WHOIS検索 サイト内検索 用語集 ページトップへ よく検索されるキーワード IPv6 DNS HTTP WHOIS BGP IPv4 ドメイン名とは IPアドレス FQDN インターネット WHOIS検索 サイト内検索 WHOISとは? | JPNIC WHOIS Gateway よく検索されるキーワード IPv6 DNS HTTP WHOIS BGP IPv4 ドメイン名とは IPアドレス FQDN インターネット JPNIC JPNIC JPNICとは IPアドレス インターネットの基礎 ドメイン名 インターネットガバナンス インターネットの技術 インターネットの歴史・統計 ライブラリ トピックスとお知らせ Web更新履歴 Q&A イベントカレンダー WHOIS IPアドレス・AS番号 IPアドレス・AS番号 IPアドレス AS番号 特殊用途用PIアドレス 歴史的PIアドレス JPIPR IPアドレストピックス ドキュメント一覧 IPアドレスの基本情報 IPアドレスが欲しい時には IPv6関連 JPIPR JPNIC会員 メンバーズラウンジ 会員ロゴ 情報変更(正会員) 情報変更(賛助会員) 情報変更(個人会員) JPNIC会員 会員の種類・会費・メリット 入会手続情報 よくある質問 JPNIC会員リスト 更新情報 イベント情報 Q&A サイトマップ アクセス 英語ページ トップページ>インターネットの基礎>インターネット用語1分解説 スマートフォン表示に切り替える PC表示に切り替える SPOFとは SPOFとは、Single Point Of Failureの頭文字をつなげたもので、 日本語では「単一障害点」と呼びます。 システムを構成する要素のうち、そこが停止するとシステム全体が停止してしまう部分のことです。 障害に強い(可用性が高い)システムを設計する際には、個々の構成要素を複数用意して、 故障などの際には自動的に切り替えることで冗長性を持たせるという手段が一般的です。 しかしながら、技術的な理由や、コストの問題等ですべてを冗長化できない場合、 冗長化できなかった部分がSPOFとなります。 例えばWebサーバを例に挙げると、わかりやすくするために現在ではありえない構成ですが、 Webサーバが1台しかない場合はそのサーバが故障するだけでサービスが停止するため、 そこがSPOFになっています。 それを回避するためにWebサーバを複数台用意して、故障時に切り替える仕組みを入れた場合も、 切り替え装置が1台だけではそこがSPOFになりますし、停電が起こることを考えると、 無停電電源装置やシステムを複数拠点に設置するといった対策も必要になってきます。 さらには、通信断を考慮すると回線も複数用意した方が良いですし、 アクセス回線や伝送経路も異なるものが複数あった方が、より障害には強くなります。 このように、SPOFとなり得る要素は、サーバ、電源、通信回線など多岐にわたります。 前述のようにSPOFを減らすには冗長化が必要ですが、サーバを複数台用意したり、 非常用電源を確保したりするなどの対策には、相応のコストがかかります。 高可用性システムを設計/運用する際には、どこまでSPOFを減らすのかのバランスを考えることと、 どこがSPOFなのかを把握しておくことが大切です。 JPNIC News & Views vol.1667(2019年3月15日発行)より JPNICニュースレターバックナンバー おすすめページ IPv6関連情報 IPv4アドレス移転 DNS ドメイン名 JPIRR インターネットガバナンス 用語集/用語解説 講演資料・動画 統計情報 インターネットの歴史 カテゴリーから調べる JPNICとは IPアドレス インターネットの基礎 ドメイン名 インターネットガバナンス インターネットの技術 インターネットの歴史・統計 トピックスとお知らせ Web更新履歴 ライブラリ Q&A イベントカレンダー WHOIS 指定事業者向け 会員サイト 本サイト以外のメディア ブログ メールマガジン ニュースレター 各種メーリングリスト メールマガジン(JPNIC News & Views)登録 パスワードが記載された確認メールが発送されます。 確認メールが届かない場合は、 ご入力いただいたメールアドレスが誤っていた可能性がありますので、 再度ご登録手続きを行ってください。 ホーム JPNICとは お問い合わせ先 著作権/リンク JPNIC個人情報保護方針 Q&A サイトマップ Copyright© 1996-2019 Japan Network Information Center. All Rights Reserved.